田子重が求める人物像

画像_田子重が求める人物像

当社は接客業です。
どのようなポジションの従業員もお客様に感じのよい接客の出来る、明るく元気な人を求めます。
また、新しい仕事は常に勉強です。自ら学ぶ意欲のある人にはどんどん次の新しい仕事が任されます。
田子重はそんな明るく元気で前向きな人材を求めています。

教育制度

私達は本物のスーパーマーケットを目指すにあたり、従業員の教育には特に力を入れています。入社一年目はもちろんですが、各部門の担当社員には技術講習会を毎月行い、入社後も調理技術の向上に取り組んでいます。
また、レジ部門・海産部門・精肉部門・惣菜部門では各店舗より選手を選抜して技術コンテストも行っています。特にレジ部門でのチェッカーコンテストは所属しているオール日本スーパーマーケット協会(AJS)主催のチェッカーフェスティバル出場選手の選考も兼ねており各店舗より大勢の応援者のなか行われ、大いに盛り上がります。
それ以外にも社外での技術講習出張やAJSのチーフ研修会、海外研修出張なども定期的に参加しています。

新入社員教育

画像_新入社員教育 画像_新入社員教育

春に入社となる新入社員は9月後半までのおよそ6か月の期間をかけて、店内での基本的な作業を学びます。学歴・年齢・性別に限らず全員がレジ部門をはじめ、生鮮(海産・精肉・青果・惣菜)とグロサリーを一通り学びます。 その期間は研修生として店舗には属さずに教育担当のトレーナーの指導のもと、各店舗で実際に作業を行いながら技術や知識の取得に励みます。
非常に長い研修期間のように思われるかもしれませんが、各部門を一通り学ぶことで個人の適性を見るだけでなく将来ポジションが上がった時にその知識が役に立つのです。 店長などの店舗管理者や商品部をはじめ、責任のあるポジションにいきなり就くことはありません。 店舗の現場でどのような作業が行われているのかが分からないままでは正しい店舗運営は出来ないからです。
新入社員たちはどの部門に配属になるかは分からないまま、各部門の研修を行い、実際にチェッカーとしてレジで接客を行い、海産ではアジやカツオをさばき、精肉ではスライサー使い商品化を行います。合わせて、社会人としてのマナーや常識、食品販売に関する衛生管理知識なども身につけていきます。

各部門調理コンテスト

画像_各部門調理コンテスト

海産、精肉、惣菜の各部門では定期的に調理コンテストを行っています。各部門より選手となる社員を選抜して、コンテスト会場となる店舗の作業場に集合して調理技術を競い合います。
毎回、課題はコンテスト会場で直前に発表されます。たとえば、海産ではお刺身の盛り合わせのご注文を受けたことを想定して調理に入ります。そして、調理にかかった時間、手順、衛生管理や出来栄えの審査を行い順位をつけています。優勝・第二位・第三位までを副賞つきで表彰を行っています

チェッカーコンテスト

画像_チェッカーコンテスト

春と秋の年2回、社内チェッカーコンテストを行っています。各店舗で予選会を行い、上位の選手を代表として選抜し、会場の本部大会議室を会場に熱戦が繰り広げられます。 調理コンテストと異なるのは各店舗から応援の従業員が集まり、自分の店舗の選手の活躍を見守ります。
表彰式では優勝以下上位5名の表彰だけでなく、団体優勝店舗や個人の特別賞の表彰も行われます。特に春の大会の上位者は7月に行われるAJSチェッカーフェスティバル全国大会の出場選手としてさらに訓練に入ります。

技術講習会

画像_技術講習会

海産・精肉・青果では毎月、技術講習会を開催しています。トレーナーや商品部の指導のもと、より良い商品化のために若手の社員を中心に調理技術を勉強しています。講習会では実際に包丁を使い、正しい手順で調理が出来ているかを確認したり、新しい知識の確認を行っています。

出張・セミナーなど

出張
画像_出張・セミナーなど

社外への出張も積極的に行っています。
弊社の所属するAJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の各種研修会(チーフ研修会、店長研修会など)に参加し、全国のスーパーマーケットでおなじような問題を抱える他社の社員と意見交換が出来る良い機会となっています。これらの参加は会社からの指名ではなく、公募を行っています。自ら進んで学ぶ意欲のある社員へはポジションを問わず、社外への出張のチャンスがあります。
また、海外研修にも毎年参加しており、こちらも公募枠を設けて意欲のある社員を積極的に送りだしています。
そのほか、精肉や海産では社外の専門教育機関での研修を行っています。

セミナー・他
画像_出張・セミナーなど

出張以外でも、社内では各種セミナーの機会を設けて社員の教育を行っています。 外部講師を招いての接客講座や、問題解決セミナーなども重点的に行っています。
また、新日本スーパーマーケット協会主催(AJS共催)のチェッカー技能検定資格取得にも積極的に取り組んでいいます。

先輩社員の声

働きやすい職場です!!

安樂未咲 (2015年入社)

現在、惣菜部門を担当しています。主な仕事としては、揚げ物などの調理から、盛り付け、陳列を行っています。一度に多く調理するのではなく、売り場に出ている商品が少なくなってきたら、追加で調理して陳列しています。そうすることで、お客様に出来立ての商品を提供しています。また、閉店時間までお客様がなるべく商品を選ぶことができるように、作る量を調整しています。
★職場について★
明るく優しい方が多く、初めて店舗に配属した時も、自然と職場に溶け込んでいくことができました。笑顔が多く、とても働きやすい職場であると感じています。

★自分が切った魚や売場で、商品が売れていくのがとてもうれしい★

田沼店海産チーフ 村松 準也 (2013年入社)

私は、現在田沼店海産部のチーフをやっています。
仕事内容は、鮮魚調理や売場作り、パートタイマーへの指示出しなどといった
鮮魚部門の主の役割を任されています。
もちろん責任あるポジションを任せられているので仕事は大変ですが、その分やりがいがあり、
自分が切った魚が売場に並べて、、商品としてが売られていくのがとても嬉しいです。
毎日がとても充実しています。
★田子重を選んだ理由★
私は、接客業の仕事をやりたかったということと、大学時代にずっとスーパーマーケットで
アルバイトをしていたこともあり、就職活動のとき主にスーパーマーケットを受けていました。
その中で田子重のことを調べているうちに、地元のお客様を大事にするところや、常に新しいことを
やろうとするところに惹かれてこの会社を選びました。

~学生さんへ~
これから就職するみなさんはこれから学生から社会人に変わります。
社会人は学生と違い、先生が授業の様に丁寧に教えてくれたりはしません。
自分がわからないことをわからないままにしておくと、いつまで経ってもわからないままです。
なのでわからないことや疑問に思ったことはどんどん自分から積極的に聞くことが大切です。
田子重の社員はみんな優しい人なので、積極的に質問してくる人にはわかるまで教えてくれます。
なので初めはわからないことだらけだと思いますが、自分一人で抱え込まず、周りにいる仲間に
相談してください。

 

店舗情報-藤枝島田

 

 

PAGE TOPへ