田子重

沿革

1972年 12月
田子重設立

トプコ商品を会長宅入口土間に保管。倉庫を兼ねていた。

1973年 6月
小川店開店

会社設立後から小川店開店までは、社長の自宅が仮事務所にあった。市場調査を行ったり、社長宅で勉強会や商談を行っていた。
また、開店日の夕方に賞与が支給された。従業員に対する感謝の気持ちの表現と配慮だった。社長の心意気に従業員一同感銘を受けた。

1974年
田尻店開店

田尻店開店からしばらくして、コンピューターシステムを導入。(小川店開店から導入したかったが、経費の面から、この時期の導入になったようである。)

1976年
登呂田店開店

田んぼの中に開店した店であったため、舗装されていない道を通ってお客様が来店されていた。そのため、雨上がりの日は店内が泥だらけで、清掃に苦労した。

1977年
登呂田店 夜間営業開始

一般的な店が夜6時~7時で閉まっていたのに対し、夜12時まで営業を伸ばした。売上金額も急激にUPした。

1982年
初のお正月営業

焼津地区では初めての挑戦だったが時代とマッチし大好評を得た。

登呂田店 全面改装と本部の移転

手狭になったので、本部を移転した。小川店隣→登呂田2階へ
当時は田子重登呂田店を中心に、近代的な新しい店が軒を連ねる焼津市の新生ショッピングセンターを形成しつつあった。
全店舗(小川、田尻、登呂田)の年商が約50億円、登呂田店の売上高は全体の46%を占めていた。

1990年 5月
駒越店開店

5/30清水市駒越にオープンした。駒越店開店まで、14年間の空白期間があった。
3号店までは順調に出店したが、大規模小売店法(大店法)が強力になり、地元である焼津市はもとより、静岡市、清水市、藤枝市、島田市への出店が出来にくくなった。静岡市に初めてコンビニエンスストアが出来た時にはNHKの全国ニュースで放映されたそう。

1991年 10月
インストア惣菜・味菜スタート

惣菜販売のコンサルタントの方の指導のもと、ばら売りのセルフサービスで販売実施した。

1993年 11月
スーパー瀬名開店

11/23静岡市東瀬名にオープン。

1994年 7月
下川原店開店

7/21静岡市に「下川原店」がオープン。初日売上2,226万円・来店客数8,363人
夜8時まで大賑わい。本来なら650坪のスーパーを作る予定だったようだが、規制で叶わなかった。

1994年 12月
西焼津店開店

12/16焼津市に「西焼津店」がオープン。店舗面積は2,500㎡で当時の店舗の中では最大店であった。店内はSM・酒販の2核とテナント3店で構成するSSMであった。
初日売上3,810万円・来店客数10,741人。夜9時まで大賑わいだった。

2000年 7月
スーパー瀬名が「田子重セナ店」に

別会社(田子重関連会社)であったスーパーセナが田子重と合併。
合併記念セールには大勢のお客様が来店。

鳥坂店オープン

7/31静岡市葵区に「鳥坂店」がオープン。ショッピングセンターへ初の出店。

2003年 10月
島田中央店オープン

10/10島田市に「島田中央店」がオープン。当時は島田市内最大級の売り場面積を持つ店舗。オープン初日で8千人が来店。

2004年 11月
田子重ポイントカード導入

3月からはボーナスステージサービス開始。

2010年 7月
田沼店開店

7/16藤枝市に「田沼店」がオープン。海産コーナーに初のおさかな市場開設。

2013年 7月
西中原店開店

7/20静岡市駿河区に「西中原店」がオープン。
スーパーとして静岡市内最大の売り場面積を持つ店舗。
店舗外観をガンダムカラーをモチーフに建設。2F駐車場は屋根があり、店舗に隣接している為、雨の日でも濡れずに買い物をすることができる。

2016年 3月
清里店開店・たごじゅう保育所開所

3/1藤枝市に「清里店」がオープン。初の事業所内保育所隣接店舗。
また、太陽光発電設備導入。

2017年 9月
にしやいづ保育所開所

9/1西焼津店横に「にしやいづ保育所」開所。最大120名利用可能な大型施設。

2019年 11月
西焼津児童クラブ開所

11/1西焼津店横に「西焼津児童クラブ」開所。小学校6年生までのお子様をお預かり出来るようになる。学習室、遊び場完備。土、日、祝日利用可能。

写真 沿革
写真 沿革
写真 沿革
写真 沿革
Page Top