田子重

SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs〈エム・ディ・ジーズ〉)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave one behind)ことを誓っています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGsの取組内容

  • SDGs アイコン 2 飢餓をゼロに
    目標2
    飢餓をゼロに

    地域の消費者が、普段の食生活に必要な安全かつ栄養のある食料を手頃な価格でお買い求めしやすい状態で1年中提供し続けています。持続可能な農業を促進させるため、多くの農家と協力し、安定的に作物を消費者に提供する取り組みを拡大しています。

  • SDGs アイコン 5 ジェンダー平等を実現しよう
    目標5
    ジェンダー平等を実現しよう

    事業所内保育所、放課後児童クラブを設置し安心して女性が活躍できる環境をつくっています。

  • SDGs アイコン 6 安全な水とトイレを世界中に
    目標6
    安全な水とトイレを世界中に

    すべての人々の水と衛生へのアクセスを持続可能な管理を可能にする、水・お茶の無料サービスやアルカリイオン水の無償提供を行っています。

  • SDGs アイコン 11 住み続けられるまちづくりを
    目標11
    住み続けられるまちづくりを

    障碍者用駐車場の設置、公共施設としてのプレイロット設置、イートインコーナーを設置し、女性、子ども、高齢者及び障碍者も含め、人々に安全で包摂的かつ利用が可能なスペースを提供しています。

  • SDGs アイコン 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    目標7
    エネルギーをみんなにそしてクリーンに

    近代的エネルギーを確保する為、店舗屋根に太陽光パネルを設置しクリーンエネルギーを活用しています。照明をLEDに切り替えエネルギー効率の改善に寄与しています。

Page Top